料理

サプライズ折り朱鷺

大矢 和音様・上條 あやか様
2015年11月21日(土)挙式
Q.結婚式・披露宴はいかがでしたか?
前日までずっと天気が心配でしたが、晴れ男の旦那と超晴れ女の新さんのおかげで天気にも恵まれました。
食べるどころか飲むこともできないほどあっという間でしたが、とても楽しかったです!
当日、急きょスタジオで写真が撮りたいと言い出したにもかかわらず叶えてくださって、本当にありがとうございました。大満足です。
最高の1日でした!スタッフの皆様、ありがとうございました!
Q.お二人のストーリー
知り合ったときお互いの勤務先は新潟市と村上市と少し離れていましたが、付き合い始めてから2年で一方は佐渡、一方は栃木県と3年間は遠距離でのお付き合いになりました。
付き合い始めてから夫婦になるまで5年とだいぶ時間がかかりましたが、ようやく今年の1月に入籍、11月に式を挙げることができました。(ハネムーンは季節を考えて前倒しで8月にスペインへ行ってきました。)
Q.挙式はいかがでしたか?
新郎は指輪交換のとき新婦の指輪を逆向きにはめるし、最後の最後で神酒拝戴のときに手順をすっぽかすし…新婦は慣れない白無垢を着込んで参進をしたせいか、挙式前半汗が滝のように流れて止まらず、カメラやビデオに映っていないかばかり気にして焦ってさらに汗が出て…など、お互い反省するところはあった挙式ですが、凛とした雰囲気の護国神社で日本ならではの神前式ができてとても良かったです。
私たちも含めゲストたちも「神前式は初めて」という方が多くて、新鮮だったのではないかと思います。
Q.披露宴はいかがでしたか?
バージンロードを歩くBGMを生演奏で弾いてくれた友人や、サプライズにもかかわらず快く応えてくれた友人たち、いろんな演出に出演してくれた家族たちなど、もちろんTOKIWAのスタッフの皆様も含めて、参加してくれた皆さんが一緒に作り上げてくださったからこそ成功した披露宴だったと思います。
全員参加の花束じゃんけんもとても楽しかったのですが、あいこを負けにしたらあまりにもサクッと優勝者2名が決まってしまったので、あいこ勝ちにしてもっと長く楽しんでもらえれば良かったなと思いました。 新郎父こだわりの企画「地酒バール」も、ゲストに好評でほぼ完飲だったとあとで聞いたときは嬉しかったです。
Q.式当日、一番印象に残ったシーンはなんですか?
折り鶴シャワーの中に3羽だけ“折り朱鷺”をこっそり混ぜて、拾ってくれたゲストにサプライズでプレゼントをしよう!という演出があったのですが、見つけてくれなかったり怪しまれたり誰も拾ってくれなかったらどうしよう…など、本当に直前まで成功するか不安でした。
だけど3羽ともしっかり拾われていて、サプライズは大成功でした!ただ、朱鷺を見つけられなかった人から、「折り朱鷺がどんななのか見たかった」という声があったので、サプライズ時に紹介できる機会があったら良かったと思いました。
(後日エンドロールDVDを見て、最後のシーンに一瞬ですが折り朱鷺と拾ってくれたゲストのアップがあったので、もしかしたら拾っていないゲストにも気づいてもらえたかも?と思いました)
Q.おふたりのこだわりポイントを教えてください!
「あまりステレオタイプな演出はしたくない!」「和装ならではの演出をしたい!」という希望を存分に叶えてくださった披露宴になりました。番傘入場に始まり、絶対やりたかった鏡開き、ウェディングちらし寿司入刀からの共通友人代表へのサプライズのサンクスバイト、折り朱鷺プレゼント、ブーケトスの代わりに花束じゃんけんetc.… ゲストの方々にも初めて見る演出が多かったと言ってもらえたし、何より私たちがとても楽しかったです(笑)
また、何かと佐渡にゆかりのある2人なので、佐渡を絡めた演出をたくさん取り入れました。特にウェディングちらし寿司の料理長力作のトッキッキ、最高でした!新郎の職場関係の方々に特に好評でした。
Q.これから結婚するカップルへアドバイスをお願いします。
式の準備期間、どんなに仲良しのカップルでも、必ず一度は衝突すると思います。
お互いの都合が合わない、意見が合わない…など、2人“だけ”で進めていくと、非効率的というか、お互いがきつい思いをすると思います。
担当の新さんが自身の体験談も交えて話してくださったり、「何かあったら何でもいいのですぐ相談してくださいね!」と毎回言ってくださっていたので、本当にお言葉に甘えて何でも相談させてもらいました。プランナーの方は結婚式のプロですし、たくさんの事例を見てきているので、心強くとても頼りになりました。
ぜひ不安でも疑問でも希望でも世間話でも何でも、プランナーさんにたくさん相談して、お2人の最高の結婚式を作り上げてくださいね!
Q.Sophia Clubで結婚式をしてよかったことはありますか。
最初は窓のない会場だと聞いて、開放感がなくてイマイチかも…と思っていましたが、実際に見たときの第一印象がとても良かったことと、広すぎず狭すぎずちょうどいい大きさでした。
また、入り口から高砂まで真っ直ぐ伸びる通路をバージンロードに見立てて、神前式だけど父と一緒に歩くチャペル式の演出もできてお得でした(笑)
脇にあるソファ等の応接セットも地酒バールなど上手に活用していただいて、ゲストにも喜んでもらえたと思います。
そして何よりも音響が素晴らしくて、特に番傘入場のときはとても感動しました!自作したプロフィールムービーも普段聞こえない重低音が聞こえてきて、終わったあと2人で「あれ良かったよね!」と自画自賛していました(笑)
ソフィアクラブで披露宴ができて本当に良かったです!
Q. この会場に決めた理由
神前式で結婚式を挙げたい、ということだけは最初から決めていたので、新潟市周辺で神前式ができる会場に絞って会場探しをしていました。その中で迎賓館TOKIWAはちゃんと神社で挙式ができるし、たまたま見せていただいたソフィアクラブがとてもカッコ良くて2人で気に入ってしまったし…、何より木村さんはじめスタッフの皆さんの対応がとても素敵だったので一番印象に残り、迎賓館TOKIWAさんにお世話になることを決めました。
Q. プランナーへのメッセージ
担当の新さんはじめカメラマンの伊藤さん、美容室の皆さん、介添えの阿部さん、当日の式中までいろんな無茶振りやわがままを言ったにもかかわらず全て叶えてくださって、本当にありがとうございました!
特に新さんは親身になってくださっていろんな提案や相談に乗ってくれるだけでなく、とても話しやすかったので、打ち合わせも毎回楽しみでした。
もちろん大変なこともありましたが、準備から当日までとても楽しかったし、結婚式を迎賓館TOKIWAで挙げて本当に良かったです!
はじめて接客をしてくださった木村さんにも感謝しています。
出会ったスタッフの方皆さんのサービススキルが本当に高くて、人と接する仕事に就いている身としてはぜひ見習いたい、顧客の身としてはとても安心できたし居心地が良かったです。
最後になりますが、新さん、本当にありがとうございました!これからもよろしくお願いします!
担当プランナーから一言
新潟村上と長野松本と、今回のテーマ「佐渡でつながるご縁」と言うことで、最初のお打合せからドキドキ・ワクワクなりそうな挙式・披露宴に絶対なると確信しておりました!
佐渡がテーマと言うことで挙式の際は「サプライズ折り朱鷺」ご披露宴の乾杯酒は鏡開きや祖父様へのプレゼントも「佐渡で手配された名入れ酒」をご準備されました。地酒バールではお父様のお力も頂きました。ゲストへのおもてなしの中で、地酒バールだけではなく、鮭のおつまみもご準備きました。村上では、「酒・鮭・情け」…と3つの「さけ」があるそうです。面白いですね!!
お二人からのリクエストで当館の丹後副料理長による、ウェディングちらし寿司入刀も大変盛上りました。佐渡の…と言うことで可愛らしいマスコットにも登場いただき、ゲストの皆様にもお喜びいただけたと感じております。また、BGMに合わせて、ご友人様をご案内、サプライズバイトで体を張っていただきました。ご友人様のお力、すごかったですね☆
手作り品も頑張りました!受付でプロフィールカードをお配りしたり、プロフィールDVDもお持ちになられたり、お二人だけの演出になったと思います。
前撮りも…ご新郎様は甲冑を着て、新婦様は日本髪と、とても素敵なお写真も撮影できました。かなり、長時間の撮影でしたが、お二人が楽しまれているのが伝わりました。
ご両家様のご結婚式は、本当にすべてのゲストへ感謝の気持ちをお伝えされたい。そして、ご家族様との絆を今以上に強く、結びつけたのではないでしょうか?
これっきり…は寂しいです。また、TOKIWAへ足を運んでくださいませ!!
実際の会場を見学してみる!!
ブライダルフェア
新・神前式
人前式
迎賓館TOKIWAの更なる魅力はこちら